社葬の基礎知識

社葬の種類

企業の創業者や功労者などが亡くなった際に、企業が主催して行う葬儀です。
より自由度の高い「お別れの会」や、企業と遺族が合同で行う「合同葬」も広い意味で「社葬」といえます。

  • 社葬とは

    社葬は、故人を供養する儀式であるとともに、企業経営上においては「広報活動」という意味合いを持っています。 社葬は、企業がその存在意義を社会に認めさせる活動のひとつです。...

  • お別れ会とは

    社葬は、これまで個人的な密葬の後で行われる本葬として位置づけられるのが一般的でした。しかし、近年では、本来の本葬の形式から外れた、お別れ会の形態での社葬が行われるようになってきています...

  • 合同葬とは

    企業が遺族と合同で葬儀を主催し、個人葬と本葬を一緒に行うのが合同葬です。また、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も合同葬と呼ばれます。 合同葬は、ご遺体を火葬するまでの全てが流れの中に入っているのが特徴です。...

  • 社葬と他の葬儀の違い

    社葬と普通のお葬式では、施主(葬儀の費用を負担し、運営の主体となる責任者)が異なります。一般の葬儀では施主はご遺族であるのに対し、社葬は故人の属していた企業になります。また、葬儀の目的も、社葬はより社会的な意味合いの強いものになります。...

  • 社葬のマナー

    社葬は主催者にとっても大切な儀式です。くれぐれも失礼のないよう、注意しましょう。服装等は一般的な葬儀に参列する際と大きな違いはありませんが、会場で知人や取引先の人に出会っても、あまり大きな声で話しかけたりするのはひかえた方が良いでしょう。...


社葬の準備

社葬を行うにあたって必要な準備、決めごとなどについてご紹介します。

  • 社葬の企画と準備

    社葬を怠りなく進めるためには、前準備として「規定」化しておくべきでしょう。実際に不幸があった場合は、内密にしかも細心の注意を払って準備することが大切です。...

  • 社葬規程の作成

    社葬規程は任意の規程の一つですが、近年はとくにリスクマネジメントの一環として社葬規程を再検討する企業も増えてきているようです。...

  • ご喪家への対応

    社葬を行う場合、まずご遺族の意向を確認してください。最愛の家族を亡くされた悲しみとともに、長期入院していた場合などは看病疲れなどもあります。...

  • 社葬実行委員会の設置

    社葬を執り行うためにはそのための組織体制を整える必要があります。組織のまとめ役が社葬実行委員会です。...

  • 社葬の決定事項

    社葬の決定で大事な部分としてコンセプトがあります。故人を顕彰する目的なのか、取引企業への感謝の表明なのか、ご遺族への弔意なのかによって、会場は厳粛なお寺が合うとか、利便性のいいホテルの方が最適などとなります。...

  • 社内・社外への通知

    社葬が正式に決まったら、社外からの問い合わせなどに対応するための意思統一という意味でも、まず社員にその旨を伝えます。...

  • 社葬当日の運営組織

    社葬当日は、式の2~3時間前に集合し、それぞれの係の役割を再点検します。その前線基地となるのが運営本部といえます。葬儀委員長をトップに、実行委員長を中心に当日は進めていきます。 ...

  • 社葬当日の役割

    社葬での対応が、今後の取り引きに影響を与えないとも限りません。当日は細心の注意を払ってご対応してください。...

  • 社葬の香典

    会社の収入にするのか、遺族への贈答とするのかで税務上の処理は異なります。 会社の収入とした場合は、法人税法上、雑収入として益金算入されます。遺族への贈答とした場合は、香典の金額が社会通念上相当と認められるものについては、所得税法上も相続税法上も課税されません。...

  • 社葬の供花

    会場の都合や、配列順によるトラブルなどを避けるため、供花をあえて辞退されるケースもあります。このような場合は、主催者の意向に従いましょう。...

  • 社葬の弔電

    社葬の場合、弔電の宛先は葬儀責任者や主催者であるのが一般的です。弔電の送り先と合わせて、事前に確認しておくと良いでしょう。...