社葬の基礎知識

社葬の企画と準備

社葬を怠りなく進めるためには、前準備として「規定」化しておくべきでしょう。実際に不幸があった場合は、内密にしかも細心の注意を払って準備することが大切です。

危機管理という企業としてのマネージメントから発想を

イメージ

社葬は、危機管理という企業としてのマネージメントから常に発想すべきである最重要課題といえます。トップの死という不幸を乗り越え、新たな体制を万全にスタートさせるためには、社葬は必ず成功させなければならない儀式です。
社葬を行うにあたっては、しなければならない手続きや用件・課題が多々あります。
社葬の執行は総務部(長)の職務です。慶弔の弔の行事として、とりわけ社葬は周到に万全な準備と体制を敷いて、滞りなく運営をしていかなければなりません。

社葬のプロに相談

企業の総務部が中心となって社葬準備を進める場合が多いですが、担当者は社葬経験がないという場合がほとんどです。

「何から手をつけたらいいのかわからない」そんな時はプロに相談するのも一考です。

相見積りから当日のたちあいまで、秘密厳守で打ち合わせを進めることで、社内での準備がきちんと整っていないうちに外部に情報が漏れてしまうなどの心配を回避できます。

 

社葬・お別れ会のご相談・お見積りはお気軽にご相談ください

ご相談無料お見積無料ご提案無料

0120-939-863
平日9:00-18:30 無料相談・年中無休・全国対応

社葬・お別れ会を相談

ご相談から当日の運営、アフターフォローまで専任プロデューサーがトータルでサポートします。

故人様のお人柄を感じられるようなオーダーメイドスタイルでご提案します。

株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が運営しています。

プロデューサー:井野 貴亮


社葬の種類


社葬の準備



事例